かわさきの生涯学習情報

本文へ

文字の大きさ

令和4(2022)年度 第V期 陶芸教室

捏ねる(こねる)→成形→削る→釉掛け 全12回
手作りの器の味わいを日々の生活に

>>>新型コロナウィルス感染防止にむけてのお願い(PDF:366KB)

初心者の方は手びねりコースのみ、経験者の方は手びねりコースと、電動ろくろコースからお選びいただけます。食器類や日用品を作ります。「自由作陶」で自分の好きなものを作る時間もあります。
市内・外を問わずご参加いただけます。

陶芸教室チラシはこちら(PDF:607KB)

 
   
教室の様子
教室におけるコロナ対策
釉薬色見本

日程

水曜コース (全12回)

令和4(2022)年11月30日 〜令和5(2023)年3月8日  
 ・手びねりコース   9時30分〜12時30分
 ・電動ろくろコース  13時30分〜16時30分  

 

土曜コース (全12回)

令和4(2022)年12月3日 〜令和5(2023)年3月11日 
 ・手びねりコース   9時30分〜12時30分
 ・電動ろくろコース  13時30分〜16時30分  

   

指導者

水曜コース:陶芸家 戸叶 惠介(とがのう けいすけ)先生
土曜コース:陶芸家 原 裕子(はら ゆうこ)先生

会場

川崎市生涯学習プラザ 地下実習室
(中原区今井南町28ー41/JR南武線・東急東横線/武蔵小杉駅より徒歩12分)

受講料

手びねりコース   各36,000円(消費税、材料費、焼成料・釉薬代込み) 
電動ろくろコース  各42,000円(消費税、材料費、焼成料・釉薬代込み)

学習内容

土(菊)練り、成形、削り、絵付け、釉薬かけ など(下記カリキュラム参照)

水曜陶芸教室

     
日付 手びねりコース
9時30分〜12時30分
電動ろくろコース
13時30分〜16時30分
11月30日 作陶についての説明・土練り
ひも作りで湯呑を作る (粘土 白2s)
電動ろくろについての説明と練習
リムのついたお皿を作る (粘土 白2s)
12月7日 前回の組み立て仕上げ
12月14日 蓋物を作る
還元焼成体験
12月21日 前回の仕上げ
12月28日
1月4日
乾燥期間(素焼き)
5 1月11日 釉掛け(本焼き)
6 1月18日 作品鑑賞会・講評・作品返却
7 1月25日 李朝風 小壺を作る(粘土 白2s) 練り込み技法に挑戦(粘土 白1s・赤1s)
8 2月1日 前回の仕上げ
9 2月8日 自由作陶 (粘土 白または赤3Kg)
10 2月15日 自由作陶
2月22日 乾燥期間(素焼き)
11 3月1日 釉掛け(本焼き)
12 3月8日 作品鑑賞会・講評・作品返却

土曜陶芸教室

     
日付 手びねりコース
9時30分〜12時30分
電動ろくろコース
13時30分〜16時30分
12月3日 作陶についての説明・土ねり
鍋土を使って耐熱の器を作る (鍋土5s)
電動ろくろについての説明と練習
鍋土を使って耐熱の器を作る (鍋土5s)
12月10日 片手鍋・土鍋などを作る
12月17日 前回の続き
12月24日 仕上げ
12月31日
1月7日
乾燥期間(素焼き)
5 1月14日 釉掛け(本焼き)
6 1月21日 作品鑑賞会・講評・作品返却
7 1月28日 タタラ作りで角皿を作る(粘土 赤2s) 銘々皿を作る(粘土 赤2s)
8 2月4日 白化粧土や呉須を使って模様を描く
9 2月11日 自由作陶(還元焼成の紹介) (粘土 白または赤2s)
10 2月18日 前回の仕上げ
2月25日 乾燥期間(素焼き)
11 3月4日 釉掛け(本焼き)
12 3月11日 作品鑑賞会・講評・作品返却

申込

申込方法

  1. はがきの場合
    @ご希望のコース(手びねりコース・電動ろくろコース)
    Aご希望の曜日(水曜教室・土曜教室)
    B〒・住所・氏名(ふりがな)・電話番号
    C年代
    をご記入の上、下記の宛先へご郵送ください。
    申込先
    〒211ー0064 川崎市中原区今井南町28ー41
    川崎市生涯学習財団 事業推進室 陶芸教室担当 宛

  2. ホームページから申込む ⇒申込はこちら

申込期間  

〆切:令和4(2022)年11月1日(火曜日) 必着   

応募者多数の場合は抽選し、結果を11月7日(月曜日)までに以下のようにお知らせします。

注意事項

問い合わせ先

公益財団法人 川崎市生涯学習財団事業推進室 陶芸教室担当
〒211ー0064 川崎市中原区今井南町28ー41
電話: 044ー733ー5893 ファックス:044ー733ー6697
メールアドレス: suisin6@kpal.or.jp