平成29年度第1期 陶芸教室
募集は終了しました                         >>>陶芸トップ
初心者歓迎 ≪捏(こ)ねる→成形→削る→釉掛(ゆか)け≫ 手作りの器の味わいを日々の生活に

陶芸教室に参加して
「作る楽しみ」「見る楽しみ」「使う楽しみ」「触れ合う楽しみ」を体験してみませんか
この教室は初心者も経験者も楽しく作品作りができるように、受講生と講師とのコミュニケーションを考慮した学習方法や、日程の中に二度素焼きと本焼きを入れる等、陶芸の楽しみが早い段階から体感できるようなプログラムの構成により、短時間でより充実した陶器づくりが楽しめることをモットーにした陶芸教室です。→チラシはこちら
水曜コース
(全12回)
2017年4月5日・12日・19日・26日、5月17日・24日・31日、6月7日、14日、21日、7月12日、19日
水曜手びねりコース 9:30〜12:30
水曜電動ろくろコース 13:30〜16:30
学習予定表はこちら
土曜コース
(全12回)
2017年4月1日・8日・15日・22日、5月13日・20日・27日、6月3日・10日・17日、7月8日・15日
土曜手びねりコース 9:30〜12:30
土曜電動ろくろコース 13:30〜16:30
学習予定表はこちら
会場 川崎市生涯学習プラザ地下実習室
(武蔵小杉駅より徒歩12分、元住吉駅より徒歩10分)
対象 18歳以上の方
電動ろくろコースは、手びねり経験のある人
講師 水曜コース:陶芸家 三宅 直子 先生
土曜コース:陶芸家 原 裕子 先生
定員 水曜・土曜 手びねりコース 各15名
水曜・土曜 電動ろくろコース 各11名
内容 土(菊)練り、成形、削り、絵付け、釉薬かけなど
費用 水曜・土曜 手びねりコース 各33,000円(材料費、焼成料・釉薬代込み)
水曜・土曜 電動ろくろコース 各39,000円(材料費、焼成料・釉薬代込み)
申込方法 官製ハガキに
水曜手びねりコース 土曜手びねりコース 水曜電動ろくろコース 土曜電動ろくろコース のいずれか希望コースを明記し、住所・氏名(ふりがな)・電話番号を記入の上、お申込みください。
申込先 〒211-0064
川崎市中原区今井南町28-41
(公財)川崎市生涯学習財団事業推進室 「陶芸教室係」あて
申込期間 2017年 3月6日(月)必着
応募者多数の場合は抽選し、結果を3月11日(土)までに以下のようにお知らせいたします。
・当選者には、講座案内及び払込票(郵便局)を郵送します。
・落選者には、電話でその旨をお伝えします。
(※ただし、初心者及び当プラザへ初めて申込される方は優先しております)
問合せ先 (公財)川崎市生涯学習財団事業推進室 陶芸教室担当 渡辺
TEL 044-733-5893/FAX 044-733-6697 
Eメール suisin6@kpal.or.jp
電動ろくろコース 手びねりコース
水曜コース  学習予定表
手びねりコース
(9:30〜12:30)
日 程 内  容
1 4月5日 作陶の説明・土練り
一輪挿しなどの花器の制作(ひもづくり)
2 4月12日 前回の仕上げ、削って模様をつける
3 4月19日 マグカップの制作(タタラ作り)
4 4月26日 前回の仕上げ、化粧土による絵付け
乾燥期間(素焼き)
5 5月17日 釉掛け(本焼き)
6   5月24日 作品鑑賞会・講評・作品返却
7 5月31日 小さな蓋物の制作(くり抜き技法)
8 6月7日 前回の仕上げ
9 6月14日 自由作陶 
10 6月24日
乾燥期間・素焼き焼成
11 7月12日 釉掛け(本焼き)
12 7月19日 作品鑑賞・講評・作品返却
電動ろくろコース
(13:30〜16:30)
日 程 内  容
1 4月5日 電動ろくろの説明・土練り、電動ろくろの練習、一輪挿しなどの花器の制作
2 4月12日 前回の仕上げ
3 4月19日 マグカップまたはスープカップの制作
4 4月26日 前回の仕上げ
乾燥期間(素焼き)
5 5月17日 釉掛け(本焼き)
6   5月24日 作品鑑賞会・講評・作品返却
7 5月31日 浅鉢の制作
8 6月7日 前回の仕上げ、飾り片口や耳を付ける
9 6月14日 自由作陶 
10 6月24日
乾燥期間・素焼き焼成
11 7月12日 釉掛け(本焼き)
12 7月19日 作品鑑賞・講評・作品返却

土曜コース 学習予定表
手びねりコース
(9:30〜12:30)
日 程 内  容
1 4月1日 やきもの作りの説明、玉作りで器を作る(湯のみ・小鉢など)
2 4月8日 前回の仕上げ(高台を作る)
3 4月15日 紐作りで膨らみのある形を作る
(飯碗・中鉢など)
4 4月22日 前回の仕上げ、下絵の具や呉須を使ってもようを描く
乾燥期間(素焼き)
5 5月13日 釉掛け(本焼き)
6   5月20日 作品鑑賞会・講評・作品返却
7 5月27日 防水紙を使って多面体を作る(タタラ作りで花器・小物入れ)
8 6月3日 前回の仕上げ
(白化粧土を使った装飾の紹介)
9 6月10日 自由作陶 
10 6月17日
乾燥期間・素焼き焼成
11 7月8日 釉掛け(本焼き)
12 7月15日 作品鑑賞会・講評・作品返却
電動ろくろコース
(13:30〜16:30)
日 程 内  容
1 4月1日 電動ろくろに慣れる練習(筒状の形を作る・湯のみなど)
2 4月8日 前回の仕上げ(高台を作る)
3 4月15日 膨らみのある形を作る
(飯碗・中鉢など)
4 4月22日 前回の仕上げ、下絵の具や呉須を使ってもようを描く
乾燥期間(素焼き)
5 5月13日 釉掛け(本焼き)
6   5月20日 作品鑑賞会・講評・作品返却
7 5月27日 タタラからロクロを使って平皿を作る(重ねられる皿)
8 6月3日 前回の仕上げ
(白化粧土を使った装飾の紹介)
9 6月10日 自由作陶 
10 6月17日
乾燥期間・素焼き焼成
11 7月8日 釉掛け(本焼き)
12 7月15日 作品鑑賞会・講評・作品返却

ページの先頭に戻る